禅道会タイランドオープン心技道場杯へ出場してきました!!

2015年07月21日

禅道会ラオス修練所 学園生徒出陣!
禅道会タイランドオープン心技道場杯へ出場してきました!!
JvWuJpEn.jpg

 健やかに伸びた草木と見渡す田園風景、吹き抜ける風に乗った牧草や土の香りは遠く彼方。  ラオスから寝台列車に乗り込み、一夜明けて眼前に現れたのは、天空に突き上がるビルの群れと行き交う大量の車、そして人、人、人。 大都会、タイの首都バンコクへやってきました!今回は空手道禅道会 心技道場が主催する大会、 禅道会タイランドオープン心技道場杯へ出場するためにやってきたのです!今回その様子を、ラオス修練所、青木優樹がご紹介致します!

 タイへやって来た翌日、熱帯地域の暑気は抑えなど知らず、また集まった選手たちのモチベーションの高さゆえか、会場は朝からたぎる熱気に包まれていました。今回の試合に向けて、修練所の出場選手6名はハードな稽古を重ね、気力もあふれんばかりに満ちており、頼もしい表情をしていました。試合前にシャドーとミット打ちで戦闘態勢を整える選手たち、半数は試合初経験だというのに、繰り出される技はキレがあり、ミットを叩く音は爆ぜて周囲を威圧するかのよう!これは本番が楽しみだ!!
 さて、出場選手6名の闘いを順次紹介していきましょう!但し、自分は係、審判を行っていたので、試合をした本人や観戦者の感想を大いに取り入れているのでご了承下さいね。
 先ずはラオス修練所ボランティアスタッフの真殿依里選手ですが、この試合の審判を行っていたラオス修練所、長澤校長先生に様子をお聞きしましょう。  ……対戦相手は以前に一緒に稽古していた相手だそうで、勝てないんじゃないかと不安になっていたそうです。打撃ははじめは互角の展開、その後首相撲の展開に それで相手のスタミナが消費され、そこから真殿選手の打撃が優勢にヒットしだす。そのまま優位に試合を展開させ、試合時間いっぱいに戦い抜き、優勢勝ちを収めました。

 続いては今回が初の試合、朝から昼まで合同稽古をし、午後も自主練に励んで準備をしてきたH選手!こちらも大人の試合場で審判を行っていた長澤校長先生に様子をお聞きしましょう。  試合開始当初は打撃の打ち合い、互角の殴り合いから首相撲の展開へ。そこで相手から膝蹴りを食らってしまっていました。果敢に打撃を繰り出していくも、相手選手に投げられ、寝技でも相手に打撃をもらってしまい、そのまま判定で敗北してしまいました。しかし、初出場ながらガンガンと前へ出て打撃を打ち合う姿は堂々としており、次に繋がる試合でした。
 次に今年高校生になったばかりのY選手!H選手と同じく今回が初の試合ですが、「今までやってきた練習の成果を全部出し切る!」と力強いコメント!開始早々に猛然と前へと突進し、打撃を叩き込むY!流れるように組み付き、投げ、抑え込むなど、言葉通りこれまで学んできたことを発揮! 相手からも打撃をもらったり、試合が進むにつれて不利な展開になったりしたので惜しくも判定で負けてしまいましたが、すべてを発揮したYの表情は晴れていました。 「もっと稽古をして技を覚えて、今度は勝ちたいです!」  
 続いてこちらも試合初出場、空手を始めてまだ1年未満ながら、メキメキと実力を伸ばし、小柄ながらもセンスが光るS選手!こちらは試合が初めての白帯なのに、相手は黒帯の選手とのこと……!  しかし、いざ試合が始まるとSの強烈な打撃がヒット! 相手選手はたまらず後退!  このまま打撃で圧倒できるか!? しかし、強打を嫌がってか、相手選手は打撃戦を避けて組み付いてくる!  寝技の展開は大差ないものの、何度か投げられたことが印象わるく、判定負け。  しかし、初出場で黒帯の選手相手に打撃で優位をとった姿には、今後の成長を大いに感じさせました!
 
 最年少のA選手は白帯で細身ながら気合と笑顔は人一倍! 緊張しながらも力強いミット打ちでアップをしていたので、自然と期待が高まります!  一回戦、勝てるかどうか不安な気持ちでありながらも、堂々としたパンチキックの打ち合い!  打撃を嫌がったのか、組み付いてきた相手選手に対して冷静に首相撲(相手の頭部を抱える姿勢、膝蹴りを入れやすくなる)を取って膝蹴りとローキックをお見舞! 同じ様な展開を繰り返し、最後は首相撲から相手のボディへと膝蹴りを入れ、あまりのダメージで試合続行不可能により一本勝ち!  続く決勝戦、お互い打撃を互角に当て合い、拮抗した戦いを繰り広げる!  しかし、スイング気味のフックを当てた際に指を痛めてしまった!  痛みで呼吸と動作が乱れた一瞬、相手選手のミドルキックがボディに直撃、そのままダウンしてしまい、無念の一本負け……。  相手選手は茶帯の1級だったそうで、その相手と接戦をした白帯のA選手の今後が楽しみです!!
 最後に、幼稚園の頃から空手を続けてきてキャリアは10年を超えるSH選手!  これまでなかなか優勝することができずにいましたが、修練所での修行の成果によってどれ程の成長を遂げているのか!?  そして試合前、空手着へと着替えてアップをしていると、SHの成長をひと目見ようとお母さんがサプライズでやって来た! この試合、負けられない……!  Yも、Sも、両選手と同じく、寝技関節技アリの総合格闘技ルールで試合をするのは今回が初めて。  しかし、一回戦から全く臆することなく前へ、しかし相手の打撃はしっかり見えており、大した被弾をせず自分の打撃を的確に入れ、隙を見て組み付き、投げ、抑え込み、あっという間に関節技を極めて一本勝ち!  ここまで1分と掛からない鮮やかな勝利でした!  決勝戦も同じ様に1分と掛からず関節技を極めて一本勝ち! 文句無しの優勝です!  ……と、思いきや、実力ある優勝者と見込まれ、身体が大きく対戦相手が見つからなかった選手と模範試合をすることに……!  SHよりも頭一つ分以上背が高く、骨格や胴回りも二周り三周りは大きい巨漢が相手……!  自身よりも遥かに大きい相手、圧倒的体格差に潰されるのか、それとも小よく大を制し、勝利をもぎとるのか!?  試合前のSHの表情に変化は無い。それは余裕が故か緊張の表れか? 普段通りののままに試合開始!  早速相手選手の巨体から繰り出される大振りな打撃! しかしそれを冷静に見て躱し、相手の懐に潜り込んで胴へとタックル! ぐらつく相手選手をダメ押しにと足を引っ掛け、倒して寝技へ持ち込む!  寝てしまえばこっちのものと言わんばかりに、体格差をものともせず相手を制し、あっという間に腕ひしぎ十字固めを極めて一本!  誰の目で見ても文句無し、全試合1分以内でオール一本勝ち!  その実力を讃えられ、少年男子の最優秀選手賞に輝きました!!!

C0DLbqON.jpg

 試合後は韓国焼肉の食べ放題で打ち上げ!  みんな思い思いに食べたいだけ肉を食べ、ご満悦!  また、試合以外にもバンコクの繁華街を歩いたり、バックパッカーの聖地とも呼ばれているカオサン通りで宿泊し、タイの屋台ご飯を楽しんだり、水上バスやトゥクトゥクを経験したりと、とても楽しく思い出深い旅になったようです!
posted by miyazawa at 10:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ