【武道技術の探求】 の記事一覧

〜 武道空手道の達人と"元祖レスリング"ランカシャーレスリングの達人がたどり着いた實(じつ)がそこにあった 〜

2016年07月23日

月刊空手道&フルコンタクト誌のご協力で実現
〜 武道空手道の達人と"元祖レスリング"ランカシャーレスリングの達人がたどり着いた實(じつ)がそこにあった 〜

13419046_1770143729894317_2378012378957248825_n.jpg

13718666_1103678136388621_1445644792120779138_n.jpg

7月21日(木)
前日から関東出張に赴いていた小沢先生一行は、東京都杉並区高円寺北のUWFスネークピットジャパンに赴きました。実は!なんとこの度、小沢先生と宮戸優光先生の技術対談が「月刊空手道&フルコンタクト誌」のご協力で実現しました!!今回も水口代表に熱意ある取材を行って頂きました‼ 宮戸優光先生との技術対談が実現です!!

詳しくは、連盟ブログをご覧ください!
http://shinshu.fm/MHz/81.31/
posted by miyazawa at 16:57 | 武道技術の探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ

小沢主席師範「達人・名人・秘伝の師範たち」に殿堂入り!!

2016年07月11日

武術・武道の秘伝に迫る情報誌「月刊 秘伝」のインターネット版、WEB秘伝の、「達人・名人・秘伝の師範たち」のコーナーにご紹介頂きました。
空手道禅道会の小沢主席師範が、武道家としての実力も然る事ながら、これまでの武道文化の普及に加え、日本の社会問題である、社会不適応者(不登校、ひきこもり、家庭内暴力など)に対する自立支援事業「ディヤーナ国際学園」や3万人を超える自殺者数の打開としてアマチュアカウンセラーの育成などに尽力された事が高く評価されました。
皆さま、どうぞご覧ください。

WEB月刊秘伝
http://webhiden.jp/master/dtail/ozawa_takashi.php

13419046_1770143729894317_2378012378957248825_n.jpg
posted by miyazawa at 16:18 | 武道技術の探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ

小沢隆首席師範による、演武シャドートレーニング

2016年03月01日

2009年駒ヶ根市において空手道禅道会 小沢隆首席師範による、演武シャドートレーニングの動画です。
歩く動きの中で切れ間なく次々と繰り出され、かつ、一つ一つに全質量が乗った切れのあ-る技の連続は、正に伝説の武道家として世界にその名を轟かす小沢首席師範の入神の技と-いえましょう。


posted by miyazawa at 20:17 | 武道技術の探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ

武道技術の探求!相星先生の技術理論!!

2015年02月06日

2月27日 小沢先生は 出張の合間に日課の稽古がてら 禅道会茅野道場を訪れました。
兼ねてから、長野県茅野道場、山梨県甲府、甲斐、韮崎道場を指導する、相星誠策 道場長より自ら工夫を凝らしたトレーニング理論を検証して欲しいと依頼されていた為、この日稽古を共にする事になりました。

1782030_1582286588680033_1836445288301537818_n.jpg

 相星道場長の実力は内外からも高く評価されており 50代限定ならば最強ではないかとささやかれる人物!衰えを知らない肉体は まるであの幻の人類ネアンデルタール人のように屈強です。
 相星道場長のトレーニング理論は初動負荷理論と言うトレーニング理論に器具なしでも行えるように工夫を凝らしたもので 簡単に説明すると筋肉の意識的介入を極力最小限にする事により 本来のを筋肉の性質の潜在性を高めながらトレーニングすると言うもので この時 大脳は理に適った動きを自動学習すると言うとても高度で深い理論です。

 これは大脳の自動学習を利用した最新の脳トレーニングニューロフィードバッグにも共通した考え方で 正に身体のニューロフィードバッグとでもいいましょうか?
相星道場長の衰えを知らない肉体の秘密を見た気が致しました。


小沢先生は相星道場長の理論を聞いて我が意を得たりと大変に喜び 何かの形に残すように相星道場長に進めておられました。稽古の中から得られた内観力からくる直感 と言う真の知性を見た気がしました。
posted by miyazawa at 14:03 | 武道技術の探求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ